ペットは飼い主をうつす鏡?


ペットと飼い主はよく似ているという事を聞いたことがある人も多いでしょう。

一緒の空間で生活をして、同じようなライフスタイルを送っているとどうしても似てくる部分も出てくるでしょうね。

犬の散歩をしていると、見た目にもよく似た犬と飼い主さんを目にすることもあります。

容姿や雰囲気、他の犬や他の人に対しての行動、よく見ていると似ている。

そういう私も、自分でも自覚するくらい我が家のワンコと性格が似ています。

それが良いのか悪いのかはその人の基準でしょうが、私はそれはそれで面白いと思っています。

 

 

先日、Dog actuaryというブログメディアの記事が目に留まりました。

それは【犬と飼い主はお互いの性格を映す鏡?】という記事。

記事リンク:http://www.dogactually.net/blog/2017/03/post-939.html

まさに、先ほど書いた犬と飼い主が似ているという事を科学的に検証した内容です。

とても興味深い内容なので、ぜひ、読んでみてください。

あ、私のブログの続きも読んでくださいね^^

 

で、話を元に戻しますが、ペットと飼い主はやっぱり似てくるんです。

同じ環境で、いつも一緒にいて、ペットは飼い主さんをみていろいろな事を覚えるから。

ただ、それだけではありません。

ペットはとても純粋で、敏感。

様々なエネルギーを感じ取っています。

飼い主さんの嬉しい感情、悲しい感情、怒りの感情、などなど。

自分の事ではなくても、その感情のエネルギーを受け取っているのです。

だから、飼い主さんが落ち込んでいたりすると、そっとそばに寄ってきてくれたり、つぶらな瞳で心配そうに顔を覗き込んできたリしませんか?

逆に飼い主さんが楽しそうに笑っていたり、ご機嫌だと、ペットも落ち着いたり、一緒にテンション上がってきたリします。

それだけ飼い主さんとペットはつながっているという事です。

ペットと飼い主がお互いをうつす鏡というのは、ある意味、そうなのかもしれません。

 

 

でも、ペットの問題行動で困っている飼い主さんは、自分とペットが似ているという事を否定するかもしれませんね。

私、あんなに神経質じゃないわ、攻撃的じゃないわ、臆病じゃないわ・・・。

そうかもしれませんし、そうじゃないかもしれません。

実は飼い主さん自身が気が付かない部分で神経質だったり、攻撃的だったり、臆病だったりするかもしれないのです。

カウンセリングをしていると、よく似ているなと思う事が度々あります。

自分の事は意外と見落としている事があるのです。

そんな時に、ペットの行動を見てみると気が付くことがあるかもしれませんよ。

 

 

ペットと飼い主はとても深い絆でつながっています。

それでも、人にとって困る事や、ペットにとって嫌な事というのは生活していく上で出てきます。

問題行動もその一つで、人側からしたらそれは問題でも、ペットからしたら問題ではないのです。

ですが、人間社会で暮らしていく上でやはりペットにはある程度人側に譲ってもらう必要があります。

問題行動の解決のために、人側もできることはして、お互いが努力をしていくことが大切です。

そんな時に、飼い主の感情やエネルギーは重要なキーポイントになります。

イライラ、ガミガミ、プンプン、ビクビク、そんな感情を出しているとペットもそれに反応して過剰な行動に。

落ち着いてどっしりと構えた姿勢、自分を頼って良いという自信をもって接する事がペットを安心させます。

問題行動で困っている飼い主さん、自分自身の心を整えてみてください。

心の状態が変わると、ペットの行動も変わってきますよ。

 

自分ではどうにもわからないし、変えられない、そんな時はフラワーエッセンスをお勧めします。

飼い主さんの心も、ペットの心もどちらも優しくケアをしてくれます。

今月、フラワーエッセンスの講座を開催しますので、ぜひご参加ください。

詳細は下記からご覧くださいね。

 

◎ 犬のフラワーエッセンス体験ワークショップ ◎

 

◎ 犬の性格タイプ別バッチ博士のフラワーエッセンス講座 ◎

 

猫さんやフェレットさんなど他のペットさんでも内容は共通ですので、ワンちゃん以外の飼い主さんもお待ちしております。

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,