ボクはお散歩が苦手だった


皆さんのお家のワンちゃんはお散歩は好きですか?

自分でリードをくわえて早く早く!と急かすワンちゃんもいたり、お散歩の言葉を聞くとテンションマックスに大興奮する子もいますよね。

我が家のワンコは今でこそ「お散歩」という言葉を聞くとニコニコ笑顔になりますが、数年前までは行きたくない!とハウスに入ってしまう子でした。

では、なぜお散歩が好きになったのか。

今日はそのお話をしましょう。

 

 

 

我が家のワンコは2歳でペットショップから家に来ました。

家に来たワンコにはすべてが新しく、初めて見るもの、初めて聞く音、初めての匂い。

自分でもどうしたら良いのかわからなかったのだと思います。

表情もあまりはっきりせず、あまり動かず、うんともすんとも言わない日が続いてました。

 

 

 

 

でも少しずつ、慣れてきたのか笑顔も見えてきたり、興味のあるものにくんくんと匂ったり犬っぽい行動をしてくるようになったのです。

それから数日後、いよいよお散歩デビュー。

まずは慣らすために家の前の道路。

クンクンしながら恐る恐る歩いてみる。

足がちょっとブルブルしているような、ビクビクしながら歩いているけど、やっぱり帰る!と家の方へ。

初日のお散歩はこれでおしまい。

それから少しずつ慣らして歩く距離を長くとるようにしていきました。

それなりに距離を歩くようになったものの、自転車が横を通ったり、前から人が歩いてきたり、風で何かが揺れたりするたびにビクッとして立ち止まる。

どれだけ臆病なのだろうかと思いながらも「大丈夫だよ~」と声をかけての毎日。

犬も学習をし、ある程度の事は時間が経てば慣れてきます。

うちのワンコも同様に、ある程度は普通に歩けるようになってきました。

でも、お散歩のときの顔はいつもどこか無表情で、とにかく早く帰りたいという感じが受け取れます。

スタスタと歩いて、クンクン匂ったりもせずひたすらお散歩コースを歩くだけ。

それはそれで良いのかもしれないけれど、ワンコにとってそれが楽しくないものであるのならどうなのだろうと思ったのです。

そのうち、お散歩行くよと声をかけても「ボク、行かない」というように、ハウスの中に入ってしまったり、テーブルの下から出てこなかったり。

 

 

 

行きたくないのならそれでも良いのだけど、狭い家の中での運動はさすがに限界もあるし、外の新鮮な空気や匂いなどの刺激は必要なものだから、これはどうにかしようと。

そこで、フラワーエッセンスを使ってみたのです。

なぜ行きたくないのか、その理由を考えてみました。

ワンコにとって外の世界は怖いものがたくさんある場所。

その怖いものを避けるためにできる事はやっているつもりだったけど、できないものもある。

その怖いものに対して、恐怖心が和らぐようなエッセンスを与えてみることにしました。

バッチ博士のフラワーエッセンスは偏った心のバランスを元に戻す手助けをしてくれるもの。

うちのワンコの場合は恐怖心が強く出ていることに対してです。

 

 

フラワーエッセンスを飲ませてから数日、少しずつ変化が出てきました。

[お散歩に行っても良いよ」という雰囲気を出してくるようになり、実際にお外に行くことができました。

ビクビクしていたことも、完ぺきではないけれどクリアしています。

フラワーエッセンスを飲ませて1か月くらい経った頃には、すっかり普通にお散歩ができるようになりました。

まぁたまに、「ボク、行かない」となりますけどね。

それでも、普通にお散歩ができるようになってくれたことがすごくうれしかったのを覚えています。

あれからもうだいぶ経ちますが、今では「お散歩」の言葉を聞くと、嬉しくてテンションアップ。

お散歩中もニコニコ笑顔で、私たちの顔を見ながら「お散歩楽しいね♪」と言ってきます。

この笑顔を見るのが私の楽しみでもあります。

 

 

 

 

苦手なものを克服するのには時間がかかります。

でも、その苦手なものを、関心がない、興味がないといった意識しないものにできれば苦手という感情も薄くなると私は思っています。

フラワーエッセンスはマイナスに偏った感情をプラスに戻す手助けをしてくれるもの。

様々な心の問題をサポートし、ワンちゃんの問題行動解決や日々の暮らしを楽しむ手助けをしてくれます。

もし、ご自分のワンちゃんがストレスを感じていたり、長く続いている問題行動があるのなら、このフラワーエッセンスを試してみてください。

きっと、ワンちゃんの心のバランスを取り戻し、良いサポートをしてくれると思います。

タグ: , , , , , , , , ,