愛犬との一日一日を大切に過ごしていこう(2018年1月30日号)


≪こちらはメールマガジンのバックナンバーです≫

 

こんにちは!With WAN Wishの豊田めぐみです。

こちらのメールは【犬との毎日をもっとハッピーに「幸せな犬になる7つのヒント」】に登録してくださった方に、ワンちゃんとのハッピーな暮らしに役立つヒントを不定期でお届けするものです。

配信解除をご希望の方は最下部にありますリンクをクリックしてお手続きくださいね。

 

 

 

2018年が始まって1か月が経とうとしています。

このひと月、みなさんは長かったですか?あっという間でしたか?

人によって時間の流れる感覚は違います。

でも、等しく同じ時が流れています。

時は止めることも遡ることもできません。

流れていく時の中で、みなさんはどのように過ごしていきたいですか^^

 

 

 

 

さて。

今回のテーマは【愛犬との1日1日を大切に過ごしていこう】です。

 

時間は等しく流れていると先ほどお話しましたね。

1日は24時間、これはみんな同じです。

24時間をどのように過ごしていますか?

そのうちのどれくらいの時間をワンちゃんと過ごしていますか?

お外で働いている人は4〜5時間はワンちゃんと一緒に過ごす時間が取れているでしょうか。

 

私は家で仕事をしているので、ほぼずっと愛犬と一緒にいます。

でも、時間が長ければ良いということは無いのですよ。

どんなに短い時間でも、ワンちゃんと過ごす時間が充実したものであれば何も問題はありません。

 

 

例えば、朝仕事に行く前のお散歩。

この時間はワンちゃんと一緒に過ごす楽しい時間。

飼い主さんはワンちゃんを見て、ワンちゃんは飼い主さんを見る。

お互いのつながりを感じられる時間です。

お仕事が終わって帰宅して、喜んで待っていてくれるワンちゃんとスキンシップをとる。

ご飯を食べ終わって、ワンちゃんとまったり過ごす。

寝る前の軽いお遊びタイム。

そして、満足して就寝。

こんな日常のことでも、ちゃんとワンちゃんとの時間はとれています。

ただ気を付けてほしいのは、ワンちゃんと過ごしている時は、できるだけ他のことをしない

例えば仕事の事を考えながら遊んだり、形式だけ撫でて後でね〜と放置してしまったり。

そんなことはしないでください。

もし、自分が子供でお父さんやお母さんにそんなことされたらどう思いますか?

せっかく待ってたのに、って寂しくなっちゃいますよね。

ワンちゃんと接する時間は、ワンちゃんのことをしっかりと見てあげてください

 

 

ここから先は、今、ペットロスの方には少し辛いかもしれませんので、無理して読み進めないでくださいね。

 

———————————————————————————–

 

毎日同じ日々を繰り返していると、それが当たり前だと思って何も感じなくなってしまうことが多々あります。

でも、この日常は当たり前ではありません。

今日突然、この当たり前の日常が終わってしまうかもしれません。

ちょっと辛いですが、想像してみてください。

 

もし、あなたの大好きな愛犬が突然旅立ってしまったら…。

 

その時に感じる気持ちはどんなものですか?

悲しみ、寂しさ、戸惑い、不安…。

いろいろな感情が浮かび上がってくるかもしれません。

もし、大切な愛犬がいなくなってしまったら、今までの日常はもう戻ってこないのです。

 

 

あの時、もっと遊んであげればよかった、もっと時間を作ってあげればよかった、もっと一緒にでかけてあげたかった、もっと、もっと…。

そんな風に後悔が出てくることがほとんどです。

後悔をしても、もう遅いのです。

もう、それをしてあげることはできないのですから。

 

 

この後悔がペットロスを重くしてしまう原因であると私は考えています。

自分を責めて、追い込んで、苦しんで。

悲しみの海に沈んでしまい、もう何もしたくない、なにもできない、そんな風になってしまう。

 

 

後悔をしないためには、日々、全力でワンちゃんと接すること。

何もパワフルに接してくださいと言っているわけではありませんよ。

ワンちゃんと一緒に過ごしているときは、ワンちゃんに集中するということです。

 

スキンシップタイムではワンちゃんの表情、肌の感じ、触った時の感触、体臭、いろいろな物をチェックしてみましょう。

これをする事で毎日の変化がわかり、病気やけがなどの早期発見にもつながるので重要です。

もっと早く気が付いていれば…ということの回避にもなりますよね。

気になることがあれば、獣医さんに相談しましょう。

 

 

私自身もペットロスを経験しています。

とても辛くて悲しくて、何をしていても愛犬を思い出し涙を流す日々でした。

でも、私の場合は介護生活をしていたため、できることを全てやり、旅立ちの覚悟もできていたのです。

だから、ペットロスも軽く済んだのだと思います。

 

 

 

ペットロスを経験して伝えたいことは、愛犬と過ごす1日1日を大切にすること。

毎日同じことの繰り返しでも、それを楽しんで愛犬と一緒に新しいことを見つけてみる。

後でも良いよね、と後回しにせずにできるのなら今すぐにやる。

犬の時間は人間の4倍の速さで時が流れていると言われています。

あとでね、と待っている時間は私たちが想像する以上に長い時間なのかもしれません。

あの時やっていれば、とならないように、後悔をしないために、できることはしていきましょう。

それでも、きっと後悔はするのです。

それでも良いと思っています。

ただ、その後悔をできるだけ少なくすることはできますよね。

 

私はペットロスになることが悪いことだとは全く思いません。

大切な家族を失って悲しみに暮れるのは当たり前のことです。

ただ、そのペットロスから立ち直ることができるかが大切なんですよね。

そのためには、愛犬との1日1日を大切に過ごしていくこと。

これに尽きるのです。

大切な家族との日々を、たくさんの愛と笑顔と一緒に過ごしていきましょう。

 

 

最後に、昨日NHKで放送された「プロフェッショナル 仕事の流儀」ご覧になられましたか?

トリマー、獣医、訓練士、それぞれのプロフェッショナルのお仕事について放映されました。

いろいろと考えさせられる部分もあり、愛犬家の皆様には見て頂いた方が良いかと思います。

再放送があるそうですので、見逃した方、知らなかった方は是非ご覧になってください。

再放送日 : 2月2日(金)午前0時10分〜1時23分 (NHK総合)

 

最後までお読みくださりありがとうございました。

 

 

 

<メールマガジン登録はこちら>

犬との毎日をもっとハッピーに!「幸せな犬になる7つのヒント」登録フォーム

*は必須項目です

*お名前

*メールアドレス


※@docomoのメールアドレスをお使いのお客様は届かない可能性があります

*都道府県



Powered by FormMailer.

 

 

 

メールマガジンの配信解除はこちらからできます。

解除フォーム

https://form.maildeliver.jp/fm/mailUserExt/showUnregisterForm?gpid=rRdxv6AQg6JRVRNYX2bngA

 

 

 

【発行責任者】

人と犬の植物セラピー With WAN Wish

ペットライフカウンセラー 豊田めぐみ

HP: https://herbaltherapy-jp.com

お問い合わせ:herbaltherapist.megumi@gmail.com

メルマガの内容は著作権によって保護されています
(C) 2017 With WAN Wish 豊田めぐみ

タグ: , , , , , , , , , , , , , , ,